仮想通貨でアービトラージ取引をするメリット

 

アービトラージ取引は、仮想通貨のマーケットポテンシャルをさらに引き出すことができます。

株取引やFXによるサヤ取りは、ご存知な方もおられるでしょう。昔からある手法で歴史も古く、ベテランの金融セミナー講師がサヤ取りについて触れることがあります。このサヤ取りとも呼ばれるアービトラージ取引を仮想通貨で行うと、大きく収益を増やすことができます。ではそのメリットとその理由について触れていきましょう。

仮想通貨のボラティリティはアービトラージ取引にとって大きな魅力的です。

仮想通貨市場は他のマーケットに比べ、ボラティリティが未だに高い傾向にあります。ボラティリティとは、価格変動率で、値動きの大きさをしめす指標です。為替では大きなイベント日、1円から2円ほど瞬間的に値段が動きます。一方、8月では夏枯れといって1円も動かない日もあります。前者をボラティリティが高い日、後者を低い日といいます。つまり、ボラティリティが高いとは、値動きがしっかりあり、売買しやすいという意味です。ボラティリティの高い仮想通貨市場で、的確に高値安値にポジションを取ることができれば、アービトラージ取引による収益はより大きなものとなります。

アービトラージ取引はタイミングが命です。

仮想通貨市場は、365日毎日取引が行われています。株式市場は時間が限られており、FXは土日休みです。仮想通貨市場なら毎日取引ができる分、タイミングを取るチャンスが豊富に用意されていると考えられます。仮想通貨市場はしっかり売買を待つことができれば、アービトラージ取引を行いやすい有利な環境と言えるのです。

種類の多さもメリットです。

アービトラージ取引は、異なる金融商品でも行うことが出来ます。FXでは、似た値動きをする通貨ペアが多からず存在します。似た値動きをする通貨ペアの値段の高い方を売り、安い方を買うと利ザヤが発生します。これもアービトラージ取引の一種です。つまり、近い値動きをする仮想通貨をサーチし、アービトラージ取引の材料にできるわけです。種類豊富な仮想通貨を調べ尽くし、小さな歪みが発生したらアービトラージ取引のチャンスです。取引所間のレートの違いと、豊富なコインの種類は、アービトラージ取引をおこなう上で非常に有利です。

個人がアービトラージ取引のような玄人手法に目を向けない今がチャンスです。

元々アービトラージ取引は、大口とプロが好む取引手法です。個人はほとんど気がつかず、仮に知っていても本気で取り組みません。理由は派手さがないからです。小さな価格差を安定して取る手法は、個人にとっては魅力的にうつらないようです。しかし、環境はまだ整っています。仮想通貨市場のボラティリティと価格の歪みがあるうちに、アービトラージ取引による収益を確保すべきでしょう。大きく手法が広まる前に稼ぐだけ稼いでください。相場の鉄則です。

仮想通貨市場は、アービトラージ取引に優位性をもたらす環境が揃っています。もし、現在のトレードに不満がある場合、こういった取引とその取引によるメリットを活かし、トレードに導入されてみてはいかがでしょうか。同じ時間の値動き、別通貨の相関性などの勉強にも最適な取引方法です。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

この記事へのコメントはこちら

メールアドレスは公開されませんのでご安心ください。
また、* が付いている欄は必須項目となりますので、必ずご記入をお願いします。

内容に問題なければ、下記の「コメント送信」ボタンを押してください。